REAL ALE
A name for draught beer brewed from traditional ingredients.
Matured by secondary fermentation in the container from which it is dispensed.
And served without the use of extraneous carbon dioxide.

REAL ALE has gone into its cask along with some of the yeast from the fermentation stage. This yeast enables a secondary fermentation to happen inside the cask and it is this "cask conditioning" which enables the beer to develop its full flavour and maturity. This takes time and so most breweries hold the casks back for a few days before sending them out into the trade. Once in the pub cellar most real ales also benefit from a further period of storage (known as stillaging) before being served. The time necessary differs from beer to beer and there will also be a point where the ale has been given too long, in which case it will have a cardboardy taste.

樽内熟成  −リアルエール-

ハンドポンプで注ぐ 伝統的なリアルエール。
フルーティーな香りと、さわやかな苦味、深いコクをお楽しみください。

リアルエールは、初期発酵後のビールを樽に移し、発酵に伴い発生する
炭酸ガスを抜きながら樽の中で熟成されたビール。
イギリスのパブでは本物のビールの愛好家に好んで飲まれています。
香りとコクを楽しむエールビールの中でも、リアルエールは、
本来のエールビールが持つ特徴を最も強く表現しているスタイルです。

リアルエールの特徴は、こだわりの製法とサーブの仕方に起因しています。
イギリスの伝統的なパブでは、セラーマンと呼ばれる職人が、
樽に詰められたリアルエールの熟成度合を確認し、
最良の状態と判断した日に栓が開かれ、数日以内に飲み干されます。